ホビーサイズのワックスインジェクター

これをヒントに製作されたり使用する場合、加熱加圧するので 事故など起きる可能性が有ります。使用時には保護面、せめて保護メガネは必ずしましょう。特に加熱時溶解時のワックスが熱膨張しています。そこを棒でなどで突き穴から溶けたワックスが噴出する事があります。(私は吹き出たワックスを顔面で受け ました。溶けるまでは蓋を開けない様にする)
インジェクター全体 原型をワックス以外で作るとゴム型を作りワックスに転写する必要が有ります。 量産するメーカーならいざ知らず。作っても数個のガレージメーカーにとっては インジェクターは高い。
そこで溶けたワックスをゴム型に押し込めば良い、と考えて第一号は注射器のような物で やろうと試みたがいくつも失敗する。たまに成功(T_T)
考えられる原因は、ワックス温度管理の不具合・注入圧力が上手く作用しない。 ジュエリー工房へ行くと簡単にワックス型作っているのをみて小型のインジェクター作ろうと思い立つ。
大量に複製を作る訳ではないので、手ごろのサイズの容器探してみると茶筒が手ごろだったのですが 錆るのと継ぎ目のある構造なので気密性などに問題有りそうなので部材カタログ探しまくって 1リットルのステンレスポット見つけてそれを基本に作りました。ヒーター部はあつらえたようなサイズが有った。 最初はアイロンを接触させて作ろうと考えていました。アイロンは温度調整が出来るので便利とは思います。
本体完成してポンプで加圧してゴム型を押し付けてみるとワックスが簡単に入ってくれる。 しかし簡単に見えたかたどりも実は結構難しい。ワックスの熱による体積変化が大きく、高い温度なら 細部まで流れこむが収縮も大きいし泡立つ、低いと細部の転写が甘くなりしわがよる。 コツが必要ですがノズルも削り出して以前の注射器タイプのものより使いやすい。何度も兆戦出来るので安心。 ポットのステンレスは熱伝導が悪く熱がワックスにまんべんなく回らないのが問題、 市販品がアルミで出来ているのに納得。

こんな感じで使います

インジェクター全体 ワックスは熱伝導が悪いので急激な加熱をすると一部が高温で膨張し噴出する危険がる。 ゆっくり加熱して完全に溶けるのを待ち温度は80度前後になったら蓋を閉めて加圧する。 時間かかりますが加熱中はそばを離れない事。
抜く型の量が少ないので温度は測定後電熱器の電源を切る。 最初はアイロンを密着させその温度設定を利用しましたが体裁を考えて電熱器使いました。 急加熱を避けるため温度コントローラーあるいは出力コントローラー接続する方が安全です。 加圧は自転車用ポンプで0.09MPa以下で使ってます。ポンプは逆流防止の弁が付いていれば小さい携帯用でも。
ノズル下にはステンレスバットを置いて垂れたりしたワックスや失敗した物をキープしておき再生して使います。 温度が高いと細部までワックスが回るが泡だったり、厚い部分で痩せたりします。 温度が低いと細部に回る前に硬化してしまったり壁面を縞模様が出たりします。多分これは市販のポットでも同じで有ろうと思う。 温度は80度くらい。圧力と温度の関係はむずかしいので経験しかないと思う。
インジェクター全体

気を抜くと危険です

型を抜く時調子に乗ってるとこうなります。ゴム型用クランプは必需品です。 圧力がかかっているので素手で押さえていると弱い所から吹き出ます。 ゴム型を押さえる力は射出圧力とワックス温度で微妙に変る。 一番危険なのは高温のワックスに高圧をかける事と 冷えたワックスを再加熱する時底から溶けて膨張するので噴出します。